Twitter の弊害

Twitter の登場で、 140文字以内で表現するという習慣がついてから、確実に長文の作成能力が落ちてきていると実感しています。ブログに長文をまとめようとしてもうまくまとまらない。 Twitter にちょっとした一言を投稿するだけで終わらせてしまう。

Twitter に限らず、携帯メールなどでもかつての手紙のような時候の挨拶とかは省略されて、要件のみを簡潔に書くようになってくると、人々の文章能力は衰えていっているのでしょう。

その分要約能力が発達すればそういう時代なのだということでいいのですが、必ずしも要約能力が発達したともいえないようです。

広告

Twitter の弊害」への1件のフィードバック

  1. 初めまして、古住と申します。

    やっぱり、そうですよね。私自身も、同様に感じてます。。

    この点については、使い分けが必要かとも同時に感じており、
    Blogという一方向での発信型メディアとTwitterのような双方向の
    短いメッセージにてコミュニケーションを繰り返すメディアには、
    質の違いがあり、新しいコミュニケーション方法を日々、検討している
    次第です。

    以上、所感述べさせて頂きました。

コメントは受け付けていません。